WW DXコンテストSSB部門に参加しました

無線班

10月24日から26日の日程で開催されたCQ WW DXコンテストSSB部門に参加しました。

YLPで参加するDXコンテストとしては3月のWPXコンテスト以来になります。WPXコンテストはハイバンド用のアンテナがなかったため、7MHzオンリーで参加したこともあり、今回がYLPがハイバンドで参加する初めてのDXコンテストになりました。

今回のコンテストはコンテストの日程に合わせてばっちりコンディションが開いてくれた印象でした!21MHzや28MHzはここ最近コンディションが悪く、聞こえても近隣諸国がちらほら、28MHzは全然入感なしという感じでしたが、今回は21MHzでも国内(8エリア)が開けたり、南米と交信できたりと広くコンディションが上がり、非常に楽しいコンテストとなりました。また、28MHzでも中国、フィリピン、グアムと初めてのDX交信をすることができました。10月でこのコンディションなので来年以降もコンディションに期待していいってことですか!?やったー!

今回は全市全郡コンテストの際に設置したマルチバンド用のツェップライクアンテナをハイバンドで使用しました。7MHzは常設のダイポールです。結果としては14,21,28MHzで多くの交信を達成するとともに、やっぱりDXコンテストに参加するなら指向性アンテナを使用したいなと感じました。屋上で部品待ちのクリエート214Fの修理再生を急ぎたいです。28MHzはフィールドデーコンテストのために修理した4エレ八木を分解して倉庫に放置しているのですが、せっかくコンディションが開けたということもあって今回のコンテストのために仮設していれば良かったと思いました。反省。

現在サークル棟の利用制限のため、夜間の活動が認められていないYLPですが、日中のハイバンドと夕方の7MHzを土日の2日間にわたって運用し、100QSOを達成したところで一区切りとして運用を終了。コンテスト終了後、せっかくアンテナを設置したので各バンドでこの前運用を開始したFT8で少しだけ電波を出して解散としました。

また、今回は10月に従事者免許が届いて全市全郡コンテストでコンテストデビューを果たした新一年生NくんのDXデビューとなりました。この一月で初QSO、初コンテスト参加、初HF、初DXと着実にステップアップです。慣れないHFかつ英語での交信でしたが実戦でがんばってくれました!最後の方は一人でオペレートできるようになり、着実な”成長”を感じました!

交信した国・地域

4L (21MHz) Georgia
9M2 (21MHz) West Malaysia
9M6 (21MHz) East Malaysia
BY (14MHz,21MHz,28MHz) China
BV (14MHz) Taiwan
CX (21MHz) Uruguay
DU (14MHz,21MHz,28MHz) Philippines
FK (21MHz) Chesterfield Is.
HS (21MHz) Thailand
JA (7MHz) Japan
JT (21MHz) Mongolia
K (7MHz,21MHz) United States of America
KH2 (21MHz,28MHz) Guam
KH6 (21MHz) Hawaii
LU (21MHz) Argentina
UA (21MHz) European Russia
UA9 (7MHz,14MHz,21MHz) Asiatic Russia
UN (21MHz) Kazakhstan
VK (21MHz) Australia
VR (14MHZ,21MHz) Hong Kong
YB (7MHz,21MHz) Indonesia

交信していただいた皆様ありがとうございました。

次回のコンテスト参加は11月のオール九州コンテストを予定しています。今後ともYLPをよろしくお願いいたします。ここまで読んでいただいた皆様、次はお空でお会いできることを楽しみにしています。それでは!

(文章:無線班長JE6WUD)